Print Shortlink

道具を使って体の負担を軽減しよう

人は誰でも楽をしたい、と考える生き物である。
長時間労働が当たり前のようになっている現代において、人生の長い時間を占める労働時間をできるだけ快適に、楽にすごしたいと考えることを怠け者と非難するのはナンセンスである。

さて、楽をするにも従事する仕事によって様々である。
例えば立ち仕事で楽をしたいと考えたとき、どのようなアプローチがあるであろうか。
大きなニーズとしては肉体疲労を可能な限り軽減する、言い換えれば立ち続けることによって生じる疲労を軽くすることが必要とされる。
立つということは短い時間であればなんてことは無いが、一日中、長時間立ち続けていることの疲労は一日が終わる頃に足腰に重く残り、抜け難い。
この疲労を軽減することができれば、立ち仕事は大分楽になる。

そのため必要なことの1つは身体を鍛えること、立っているときに使う筋肉であるインナーマッスルを鍛えるべきである。
体重を支える筋肉が鍛えられることで、立っていることの負荷を軽減され、さらには疲労の回復も早まる。
他にはちょっとした小道具を用いて疲労を軽減することだ。
例えば靴の中敷に足ツボを刺激するライナーを入れて疲労を回復するようにしたり、長時間立っているところにクッション性があるシートを敷いて膝への衝撃を減らしたりするなどである。
また、姿勢を正すことも疲労感の軽減につながる。
具体的には壁に腰から頭までをぴったり押し付けるようにして立つこと、これだけでまっすぐ立つことができ、体重が分散されることで立つことが楽になる。
これらの手段で楽に働くことを実現すべきである。

Leave a Reply